The Bluemoon

アクセスカウンタ

zoom RSS 人命救助・72時間の壁(その2)

<<   作成日時 : 2014/03/12 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

続きですが、この72時間はあくまで生存率の目安であり、人命救助の活動時間ではないということを忘れてはいけません。
また、二次災害を考えるとよほどの装備、訓練をしているものでなければ、日が出ている間の救助活動が前提となると思います。そううなれば、活動時間はかなり制限されることになると思います。

たとえば、日中の時間が短い冬至2014/12/22で見てみると、東京の日の入りは6:47 日没は16:37なので人命救助ができる時間はおおむね10時間程度と考えられる。

その10時間も発災の時刻で大きく変わってくる。

仮説の条件として、初動から現場到着までを3時間とした場合で、発災が19時から4時の夜間対であれば10時間を確保できるが、それ以降だと活動時間は減り、7時から14時の間の発災では7時間程度しか活動ができなくなる。
この仮説からすれば、人命救助の72時間のうち実稼動は27時間から30時間程度になると推測される。

ただ、これはあくまで推測なので、逆に9時から17時くらいまでの平日の日中であれば、各行政機関の職員がいることや、航空機(ヘリ)の活用ができることにより、初動3時間を短縮する事ができるとかんがえられ、人命救助の活動時間は若干であるが延びると考えられる。

いずれにしても、最初の10時間程度でどれだけの人命救助ができるかが重要だということ変わらないのである。

※注 現在、消防等の救助期間では夜間でも活動できる装備の拡充、野営訓練などを行っているそうです。















LEDタワーライト 30W 日動工業 TL-LED30-4L リチウムイオンバッテリー式/100V兼用
ライト館
緊急時や災害時の電源のない場所での照明に最適。リチウムイオンバッテリー式/100V兼用 LED30W


楽天市場 by LEDタワーライト 30W 日動工業 TL-LED30-4L リチウムイオンバッテリー式/100V兼用 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
遊んで貯めるポイントサイト - Warau.JP
人命救助・72時間の壁(その2) The Bluemoon/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる