計画と現実

今回の震災では防災計画があっても現実異なることが多々発生した

その際、

通常組織の指揮監督者が、有事と判断し、

防災知識を持っている人間に指揮権を移譲した組織が

的確な防災対応ができたと考える


参考:危機管理の心構え

あの日の夜、首都圏で起きたことは現実であり

JRの行った行為は忘れてはならない

そして今回の経験を生かさなければならない

 自分で変えることのできないものを受け入れる「謙虚さ」、
 自分で変えることができることは、変えていく「勇気」、
 そして、両者の違いを見分けることのできる能力「知恵」によって
 この危機に勝てればと思う










実践危機マネジメント—理論戦略ケーススタディ
ぎょうせい
危機マネジメント研究会

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 実践危機マネジメント—理論戦略ケーススタディ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方—被災現場からみつめたBCP
金融財政事情研究会
山村 武彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 本当に使える企業防災・危機管理マニュアルのつくり方—被災現場からみつめたBCP の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック